願望が現実になるボトックス

例えどのクリニックにおいても医療行為である以上、成功の率100%はあり得ない事なのです。実際に手術を受けられた経験のある人はこれは良く分かるとおもいます。

 

当然の事ですけど美容整形は医療行為デス。軽くて時間の経過と共にそれらの違和感は、解消されていることもあれば、いつまでも長たらしい間持続して残ってしまうこともあります。

 

美容整形は、この事から必ずや成功をするものではないということができます。実際にコレは手術を受けたことによる副作用とか合併症が生じたというトラブルにかぎらず、「手術を受けた後の仕上がりに実際に満足できない」といった精神的ともいえるトラブルが絶えないという事です。

 

さらに、治療を受けた個所に手術を終えた直後は腫れが見られることが多く、時間をその腫れがおさまるまでに要してしまう事もあります。「術後、自然な仕上がりになります。

 

術後何の違和感なく実際、自然な仕上がりになる事も多々あります。たとえば、目が疲れるや痛みを訴える人も二重まぶたのプチ整形を受けた人の中にはいます。

 

というのも手術を受ける事でこれまでつきあってきた自分の顔がある日いきなり変わってしまい、例えほんのちょっとの変化であっても、大きな違和感とそれはなります。しかし、そのような結果を手術を受けた全ての人が得られるわけではありません。

 

そのため「違和感なし」といった広告などに書かれている内容を鵜呑みにしないよう十分に注意しましょう。また注射器により直接的に注入されるヒアルロン酸が利用される手術とか、形とか固さなどが豊胸術のように仕上がりのポイントとなる手術においては、違和感を形や触った感触に感じる人が実際にうんとのが現状デス。

 

どんなに「こうなりたい!」と手術を受ける前、願ったところで、そのイメージ通りの手術を受けた全ての人が仕上がりになるとはかぎりません。違和感もありません」といった内容の文章が各クリニックの広告もしくはまともに取り寄せたパンフレットなどに書かれてるのを、目にしたことがある人も多数とおもいます。

 

実際の仕上がり具合と自分が思い描くイメージは術後、鏡をはじめて見て知る事になるのデス。


ホーム RSS購読 サイトマップ