願望が現実になるボトックス

不随意運動(自分の意思とは関係もなく現れる尋常ではない運動)であるジストニア(持続的な筋収縮にかかわる中枢神経系の障害による不随意での運動障害)の一種が眼瞼逞呎肇デス。そんな症状が出た患者さんは実際に多くいます。

 

発症は左右両方にあり、症状は進行します。いまだに発症の原因は解明されてないため、根治療法はできず、中心は対症療法となっています。

 

重症になると、目が完全に開けられない状態にまでなるため、盲目と等しくなる事が視力があるのでありながらあります。3〜4か月程度の効果があります。

 

保険適応が日本でも認められていますが、費用が内服薬などに比べ不廉です。ごく微量のボツリヌストキシン(ボツリヌス毒素)を治療は眼瞼部・眼窩部の数カ所に注射をします。

 

両方のまぶたの筋肉が攣縮(れんしゅく)を起こして、眼瞼逞呎肇(がんけんけいれん)とは、まぶたが開けにくい症状をいいます。眼瞼逞呎肇の原因そのものがもちろん、取り除かれるわけではありませんし、効果は一時的なもので、注射を一定の期間をおいて継続しなければなりません。

 

初めからはこの眼瞼逞呎肇に利用されたボトックスは有効な治療法で、かずおおくの臨床例がすでにあります。目を開けていられない、まぶしい、目が乾く、目の周囲がぴくぴく動くといった症状が現れます。

 

逞呎肇という呼び方がついてますが、というわけではない症状には逞呎肇をともなうわけではありません。注射直後、稀に薬が効きすぎて瞼が閉じにくくなることがあるのですが、一時的ものです。

 

眼瞼逞呎肇治療の第一選択と米国を初め、いくつかの国のガイドラインではされていて、改善の率は90%前後という情報があります。逞呎肇がボツリヌス療法により改善されるのは、筋肉をボツリヌス毒素が麻痺させ、逞呎肇を止めてしまうのです。

 

大脳基底核の異常が殆どの報告で、指摘されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ