願望が現実になるボトックス

芽胞の形でA、B型は土壌中に分布をし、海底や湖沼にE型は分布をします。毒素の抗原性の違いによってボツリヌス菌はA〜G型に分類をされ、ヒトに対する中毒はA、B、E、F型で起こります。

 

アンプルに入ったものを30〜40本以上注射しなければ、従って致死量に至らないという計算になります。このため、生物兵器として第二次大戦中は研究開発が行われました。

 

ベルギーの医学者エミール・ヴァン・エルメンゲムが1896年発見、命名しました。土の中に芽胞の形で広く存在する細菌がボツリヌス菌デス。

 

ナチュラル界に存在をする毒素としては最強デス。毒性が非常に強くボツリヌス菌が作り出すボツリヌス毒素(ボツリヌストキシン)は、500gで全人類を滅ぼす事ができるといわれてます。

 

体内へそのような生物兵器を注射して大丈夫なのでしょうか?テロリストによる使用が炭疽菌を初めにした他の生物兵器同様、現在も懸念をされています。ボツリヌス毒素の量を××単位という形でボトックス製剤では表現します。

 

ボトックス製剤の毒性とはいったい、致死量に対し十分な安全性が確保されてるんでしょうか?およそ100倍を超える少なめに安全域が見積もってもあることとなります。体重70キロのヒトにたいしてボツリヌス毒素の致死量は、A型毒素を吸入させた場合、0.7〜0.9亮gと考えられてます。

 

酸素をきらう嫌気性細菌です。致死量は筋肉注射した場合、3,500〜50,0000単位と考えられてます。

 

ラテン語のbotulus(腸詰め、ソーセージ)にボツリヌスの語源は由来をし、ハムやソーセージを食べた人の間に19世紀のヨーロッパで起こる食中毒だったためにこの名がつきました。1回の治療にクリニックで使われる量は、15〜30単位ほどです。

 

約100万人ともボツリヌス毒素1gの殺傷のレベルはいわれます。青酸カリの場合の5人/gにたいしてコレは圧倒的に屹々殺傷力デス。

 

1本に100単位入ったものが、ボツリヌス治療では治療のたびにその人の分だけメーカから送られてくるそうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ